谷正輝

プロフィール

「すべての存在は、別の世界や次元から見ると何か別のものを形作るための支持体(材料のようなもの)としても存在する」私はこの思想を支持体論と呼んで、制作活動の根幹としています。
これは目の前の物や現象、自分の身体や精神までもが、実は何かを形作るための材料のようなものであり仮の姿なのだ、という考え方です。
この2年ほどは支持体論における、より具体的な一つのテーマとして「間(ま)」というものを中心に制作しています。これは「あるものを知覚認識するためにはその枠組みを介して捉える必要がある。つまりそれそのものを直接捉えることはできず、我々とものの間にはそれらを同期させる何かが存在する」という内容です。
それらのもとで立体、平面、映像、インスタレーション、パフォーマンスなど、いくつかのメディアを横断して表現しています。

経歴

略歴

兵庫県神戸市出身。静岡大学 大学院 美術教育専修 修了。
2012-2017までを静岡で活動し、静岡県立美術館 実技室 インストラクターを務める。
2018は京都にあるSANDWICHでPixCell制作チームに所属し、作品制作のアシスタントを担う。
現在は神戸市へ拠点を映して運動療育・芸術療育を中心とした放課後等デイサービスを運営する。
芸術と教育の場の融合を主題において、作家活動とワークショップを各地で行っている。

合同会社Bambrook(バンブローク)代表。エンジェルスマイル株式会社 役員。

2019
第65回全関西美術展 入選
2020
インターナショナルビーズビエンナーレひろしま 入選
2021
第2回 丹波アートコンペティション 入選(入賞候補)
かけがわ茶エンナーレ2020+1 招致作家
Art live Kobe 入選
Any Kobe with Arts 入選
MI gallery 写真作品収蔵
2022
IAG Artists Selection 選出

作品

関連記事

  1. Yoshifumi

  2. alan

  3. Nao Morigo

  4. そめた

  5. eriko iwahashi

  6. 繁田穂波