シュウ

コンセプト

私の最大作品(50×5~8×5mインスタレーション)と最小に近
い作品(15㎝正方形)。
雲が流れ、水が流れる。空気が流れ、時が流れる。心が流れ、血が流れる。人や命が流れる。それらに、人は生きるための癒しや畏敬の念や勇気を感じる。鳥居を使った『結界を超えて』インスタレーションが生まれ、それらを背景とした『神の使い』シリーズ小作品が生まれた。その1点、「モル Morpheus 夢の神の使い」の作品画像をご参照ください。

活動経歴

現代美術家 現代芸術国際AU会員・元新象作家協会会員
近年、環境アート(地域芸術祭でのインスタレーション)展示を主にして、「大震災後も夜が明ける」を副題とする作品を公募展で発表する。
木津川アート(2011・12・21)、はならぁと(2014~21)、学園前アートフェスタ選考展(2020)、Kawanish Art Project ‘With’・下町芸術祭(2021)に出展。受賞歴は第48回新象東京本展展賞(最優秀賞)・市展公募1席7回(神戸・姫路・川西等)2席10回等。

作品

関連記事

  1. 松野和貴

  2. 東樹生

  3. 内藤喜愛来

  4. 益田啓嗣

  5. 中村公美

  6. Yoshifumi