八田員徳

プロフィール

八田員徳(はったかずなり)
姫路市出身。

切り絵アーティスト・絵画講師・似顔絵師。
2012年より活動開始。
切り絵という画法を用い、人物を中心に作品を発表。大きな黒いキャンバスをカッターナイフで切り抜いて作品制作を行う、切り絵のライブパフォーマンスも行う。
2018年にはレオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごしたフランス、クロ・リュセ城で作品が展示されるなど活躍の場を広げている。
2020年フジテレビ「ワイドナショー」スタジオ出演。
デヴィ夫人、山田洋次監督など作品を所有する著名人も多数。
「切り絵」の新たな可能性を日々研究しつつ芸術への挑戦を続けている。

【クラウドファンディング挑戦中!】
Any Kobeではライブドローイングならぬ「ライブ切り絵」を皆さんにご覧いただきます。
このパフォーマンスを通じて
「一人でも多くの皆さんとの出会い、アートの面白さをシェアしたい」
という思いから全国行脚を実現するためのクラウドファンディング「姫路から全国へ!活動10周年記念!LIVE切り絵パフォーマンスで全国行脚したい!」をスタートさせました。
たくさんの人々の心に残る時間にしたいと思っております。ぜひご高覧ください!

作品

関連記事

  1. Hikage

  2. 松本大樹

  3. 三塚新司

  4. バンクシー

  5. 香川智彦

  6. 岩本 紀羽