小林功二

コンセプト

一日の終わり、今日あった出来事、人、今日見たもの、言葉、香り、感触、音楽…。
そんなことを思いながら、何を描くでもなく手を動かす。なんとなく何か感じる。そこで終わり。
日記のように描いています。
毎日。
だから、描いた日付を記載します。
この日は、人生で、ただ一度限りの日だから。

活動経歴

大阪芸術大学工芸学科染織工芸専攻卒業
卒業後、制作を休止していたが、2018年、アクリル画の制作を再開。
以降、東京、大阪、鳥取のギャラリーでの企画展、グループ展に参加。
活動を始める。

2021年
二人展(大阪・igu_m_art)
2022年
個展(大阪・gallery yongou)
個展(大阪・高槻阪急)

作品

関連記事

  1. 田中七星

  2. 和田紗采

  3. 高橋桃子

  4. 井筒敏彦

  5. 小野真由

  6. ツチヤ カツヤ