國久真有

 

プロフィール

美術家
1983年 大阪府生まれ。
近年は人体を軸にし腕のストロークと遠心力を利用し描く手法を利用したwit-witシリーズという絵画を制作している。
19年「第22回岡本太郎現代芸術賞」特別賞、20年「Yang Creaters Award 2020」グランプリ受賞。近年の個展に「RAW SUBSTRATUM」(神戸北野美術館、2020)、「BEAT PER MINUTE」(TEZUKAYAMA GALLERY、2018)。グループ展に、「fの冒険-7人のアーティストによる平面表現の魅力-」(あまらぶアートラボ A-Lab、2020)、「六甲ミーツ・アート芸術散歩2019」(六甲オルゴールミュージアム、2019)など。

経歴

略歴

1983年
大阪府生まれ
2003年
University of the Arts London Central Saint Martins Art and Design Foundation course 修了
2015年
神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科芸術工学専攻博士後期課程 満了

主な個展

2021年
「AUTOLYSIS」 MEDEL GALLERY SHU(東京)
2020年
「RAW SUBSTRATUM」神戸北野美術館(兵庫)
2018年
「BEAT PER MINUTE」TEZUKAYAMA GALLERY(大阪)
2018年
「IF ANYWHERE」創治朗 -Contemporary Art Gallery-(兵庫)
2017年
「Hello! KUNIHISA」KOBE STUDIO Y3(兵庫)

主なグループ展

2020年
「fの冒険 ~7 人のアーティストによる平面表現の魅力~」あまらぶアートラボ「A-Lab」(兵庫)
2019年
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2019」六甲オルゴールミュージアム(兵庫)
2019年
「La nascita di PAM」MACRO ASLO(ローマ)

主なアートフェア

2019年
「ART OSAKA 2019」ホテルグランヴィア大阪(大阪)
2018年
「KOBE ART MARCHE 2018」KOBE MERIKEN PARK ORIENTAL HOTEL(兵庫)

主な受賞歴

2020年
Young Creators Award 2020 グランプリ
2020年
ubisum by ubies Asian Review Tourament Benny Au 賞
2018年
第22回岡本太郎現代芸術賞 特別賞
2017年
UNKNOWN ASIA 審査員松尾良一賞、レビュアー中島麦賞、レビュアー三村康仁賞

パブリックコレクション

Museo dell’altro e dall’altrove di Metropoliz
東大阪市立図書館

主な受賞歴

2016年
神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科選抜集「紙手水本 2」
2020年
ビジュアルデザイン1. 左右社 ISBN:978-4-86528-254-2

作品

  • 「WIT-WIT HOLE HOLE HONG KONG CLOUD」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス
    制作年 2015-9 年
    サイズ H297×W297×D3.5cm
  • 「WIT-WIT HOLE SILVER SRING」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス
    制作年 2019 年
    サイズ H297×W297×D3.5cm
  • 「WIT-WIT HOLE BLUE SKY」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス
    制作年 2019 年
    サイズ H297×W297×D3.5cm
  • 「WIT-WIT SETOUCHI PINK BLUE」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス
    制作年 2014 年
    サイズ H200×W297×D3.5cm
  • 「WIT-WIT SETOUCHI BLUE」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス
    制作年 2014 年
    サイズ H200×W297×D3.5cm
  • 「WIT-WIT RED」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス
    制作年 2018 年
    サイズ H200×W297×D3.5cm
  • 「BPM」
    素材 アクリル絵の具、キャンバス、刷毛、シート、台、人間
    制作年 2019 年
    インスタレーションサイズ 500×500×500cm

シェア!

 

関連記事

  1. 吉田延泰

  2. 柴山水咲

  3. 灰野ゆう

  4. コシノヒロコ

  5. 不動貴雄

  6. 古塔つみ